お鍋戦隊★メシツクルンジャー

posted in: キャンプ | 0

連日の猛暑、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は先日購入した「ユニフレーム」の「fan5 duo」について紹介したいと思います。
先週末、早速キャンプで使うはずが台風で中止。今週末にでも使おうかな。


沼口

○鍋が欲しいんだ

キャンプしていると物欲が刺激されまくります。

そんでまあ、必要のないもの、大して要りようでもないもの、要するに無駄遣いをしてしまうわけです。
今回購入した「fan5 duo」も例外ではなく……

『いや、飯作るのに必要なんだって、これは必要経費なんだってば。』
そうです、これは買わざるを得ない必要品です。
誰かに「キャンプ始めてみたいな」と相談されたら、「まず鍋を買いなさい」と助言しますね、きっと。
もうね、それくらい大事。ウソデス

現在、キャンプで使っている調理器具と言えば
・フッ素加工のフライパン
結婚式の引き出物でカタログ注文した品。
カレー、スパゲッティ、炒めもの、何でもかんでもハードに使用中。おかげで裏底が汚い。

・ホーロー鍋
物置で未使用だったのを貰った。
重いし、割れるのが心配で数回しか使っていない。数回しか使っていないのに、蓋の取っ手が壊れた。むかつく

・ストームクッカー鍋
トランギアのストームクッカー鍋。大と小。
大でも、なみなみ注いで1リットル弱程度しか水が入らない。
山ではよく世話になるも、キャンプで飯作るとなると小さすぎ。
キャンプでは湯沸しでしか使わない。

・メスティン飯盒
同じくトランギアのメスティン。
これは米炊き用。アルミ製で飯炊きが簡単、かつ美味しく炊ける。


良く世話になっているメスティンちゃん。少し使った感が出てきて味が出てきた。
道具は使って何ぼである。

最近はフライパンとメスティンしか使っていない。
だからフライパンでちょっと作って次に何か調理する時、とても困る。
フライパンの中身を移し替えるか、小さなストームクッカーの鍋を使うしかない。
大好きなスパゲッティ作るときなんて、フライパンだと小さいから半分に折ってからゆでる始末。
スパゲッティ折って茹でるとイタリア人怒るらしいぞマジヤバイ。

 

そんなら鍋でも一個持って行けと思うかもしれない。
というか毎度「やっぱり鍋を持ってくるべきだったか」と思う。
しかしだ、鍋一個持っていくのが非常に面倒。

私と仕事どっちが大事なの?と聞かれるくらい面倒。キカレタコトネーヨ
嵩張るし、無くても最悪まあ何とかなるし。
こんな感じでほぼ毎回、鍋いるんじゃないか?論争が頭の中で始まるのです。

アウトドアメーカーの鍋なら嵩張らないかもと調べると、各種メーカーより出ていました。
もちろんアウトドア物なので各種、重ねてスタッキングできます。
これならコンパクト。すげー、嵩張り問題解決じゃん。

でも……やっぱりイイお値段だ。
買うのは後回しだな。

と、思い早2年くらい?いい加減欲しくなり、買ってしまいました。
物はユニフレームのfan5 duo。
かれこれ10年以上?発売しているベストセラーらしいです。
骨壷に見えるけど鍋セットだよ!


新品未使用、超キレイ
蓋はフライパンだ。

○中身

さて、気になる中身ですが5点盛りです。
5ということで戦隊ヒーローを当てはめてみました。
ステンレス大鍋
ステンレス片手鍋
フライパン
ザル
ライスクッカー


部屋が反射するほどの美しさ。 
部屋は美しくない。

ステンレス大鍋
大鍋は、やはりリーダーのレッドか。
寸法としては約φ215×125mm。約4.3リットル。
ソロキャンプでこれなら煮込み系、茹でる系、何でもできるであろう、この安心感よ。まさにリーダー。
大鍋の蓋はフライパン蓋として兼用できる。

ステンレス片手鍋
片手鍋は紅一点のピンク
このメンツ的には、やや存在感に欠けるが、ラーメンとか、ちょっとした物を作るときには優しく微笑みかけてくれるだろう。
寸法φ約175×77mm。約1.8リットル。

フライパン
レッドのライバル的存在、クールな眼差しブルーはフライパン。
実はレッド(大鍋)よりも使う頻度が多そうだが気にしない。
取っ手は外れてコンパクトになるし、取っ手のネジネジには傷防止のゴムがあったりと実にクールな仕事をする。
寸法は約φ210×52mm。



このゴム、無くしそう。

ザル
よく戦隊物だと、グリーンは存在感が無いだの、グリーンの代わりにブラックを入れるべきだの不遇の扱いを受ける(持論)。
そんなグリーンはザルだ。
ザル……一見不必要に見えるが、葉物野菜を洗うときや湯切りなど、あれば何かと便利な気がする
さらに、ザルは大鍋にすっぽり入る。
入れたままスパゲッティを作り、ザルを上げれば湯切りが完了&スパゲッティ取り忘れが無くなるのですよ。
しゅ、しゅごい。グリーン、僕は君を見直した。


この組み合わせ、見事。

ライスクッカー
ライスクッカー、米炊き鍋。
食いしん坊なイエローで文句なし。ある戦隊ではイエローが女だったりするが、やはり黄色は男だろう。
このライスクッカー、誰でも簡単に、かつ美味いご飯が炊ける優れもの!らしい。
内側はフッ素加工してあり、掃除も楽。
蓋がカタカタ鳴る仕様で、鳴り出したら弱火にするそうな。
米と水の分量目盛りもあるし、いい感じ。
MAX3合炊き。



3号炊ければデブでも満足。

というわけで、これら5人が仲良くスタッキング出来ちゃうわけです。
こんな感じの気持ちの良いスタッキング。
思わず何回も重ねたり出したりしてしまう。


フライパンの取っ手も収納可。
重さは全て合わせて約2.4キロ。重いです。

○6人目の仲間

そして同じくユニフレームの山ケトル700。
これは別売りなんだけど、なんとfan5 duoにスポッと入ってしまうのだっ……



っーーーーーーー!!!!!(気持ちいいスタッキングに言葉が出ない。)
何ということだ、まさに6人目の仲間だ。

戦隊ヒーローもので6人目は、大抵あとから仲間になるけど、待ちきれなくて買ってしまいました。まんまとユニフレームの策略に引っ掛かりました。

つまり、放送開始から6人目が仲間になる超展開です。

ライスクッカーの中に、きっちり入る山ケトル。
素晴らしくてテンション上がりまくりだった。ケトルはお湯を沸かすだけの存在ですが、こんな素敵仕様なんだもん。セットで買うわ、そりゃ。

ケトルで沸かそうが、鍋で沸かそうが同じだろ?というネジ曲がったやつには、こう言ってあげましょう。
「ケトルで湯を沸かすと、湯がやわらかくなんだよなあ」と。

はい、これで相手は面倒な奴にケンカ売っちまったと、黙ってしまうこと請け合いです。

ちなみに、アルコールストーブを常用していると、それって沸くの遅いし、準備面倒だし、良いことあるの?

と聞かれますが、アルストで沸かすとお湯がやわらかくなるんだよね、とドヤ顔で言うことにしてます。
実際のところ、壊れにくくて燃焼音が静か程度しかメリットありません。
アルストでケトル使ってたら、お湯がやわらかくなりすぎて、お湯ではない何かが出来そうであります。
ということで、このfan5 duoにメッシュカバーが付きましてお値段12000円弱です。

貧弱すぎて、すぐ切れそうなメッシュが付きます。
んー、まあイイ買い物になったかな。

Leave a Reply