マルチツール買ってみた

posted in: その他 | 0

いやあ、最近肌寒くなりまして冬がノソッノソッとやって来ている感じですね。

ドカッと雪を降らせてくれる冬将軍だといいのですが……

 

話は変わりますが、物欲に勝てず、前々から欲しかったマルチツールを購入してしまったので、軽く紹介します。


マルチな男 沼口

 

○憧れ

アウトドアの趣味を初めて早数年。

山、キャンプ、カヤック。色々と道具は揃ってきた。

となると必然?小物が欲しくなってくる。

今回の物欲センサーは、前から欲しかったマルチツール。

いや、マルチツールなんてオシャレな呼び方はイカン。

男らしく10徳ナイフと呼ばせてもらおうっっっ

 

そんな10徳ナイフ、ああ欲しいなあと思いつつ、特になくても問題のない、このアイテムには中々手が伸びなかった。

あるから何なのだ?と。

しかし、そこは言い訳を考えるのに特化した僕の脳です。

あって損はねえでしょ?と。

 

○まずは欲しいこの機能

まっとうな言い訳としては、そう。

まずはプライヤーが欲しかった。部品のアクシデントに何かと必要になるプライヤー。

プライヤーがメインとして、あとはオマケで他の機能があればいいやというスタンスです。

実際のところ、どんなに良い10徳ナイフでも、器用貧乏はいなめないでしょう?

独立した単機能のツールには敵いません。


初めての10徳、プライヤー気に入った。

 

○どこのメーカー?何の商品?

10徳ナイフのメーカーといえば、レザーマン?ビクトリノックス?ガーバー?

とりあえずプライヤーがあるというところで、適当にレザーマンあたりかなと。

そしてですね、10徳ナイフといえば、「銃刀法」がつきまとう。

刃渡りが6cmを超えるナイフは持ち歩いてはいけないんです。

 

今回購入したレザーマンの「リープ」という商品は、ナイフが後付けできるんです。

初めはナイフがついていない、ナイフを装着するかどうかはユーザーに任せるという、一風変わったアイテムです。

しかも装着したナイフは取り外しできません。選択権はユーザーにある!なんかいいじゃん。


付ける?やめとく?

ただ、このナイフは刃渡り5.5cm。そう、ナイフ装着していても銃刀法違反にならないんです。

しかしですね、そこはおかしい日本の法律。

なんと、刃渡りの長さをクリアしても正当な理由がなければナイフやハサミ、ノコギリ等を所持していると「軽犯罪法」に触れるみたいです。

正当な理由。災難時を考えて、いつか必要になるかもと思い、車の中に積んでいたり、ポケットに入れていた!はアウトです。過去に書類送検もあったそうです。

なので、ナイフは付けようが付けまいが、長さはどうであっても軽犯罪には引っかかるんです。

ナイフ無しだから普段持ち歩けると思い「リープ」にしたのに……購入後に軽犯罪法を知りました……

ハサミ、ノコギリ付いてちゃいかんのか……

 

ではキャンプの時とかは?

キャンプは原則、直行直帰が基本だと考えられているようです。

なので、キャンプ帰り等にコンビニに寄ったところ、キャンプで使った6cmを超えるナイフをポケットに、あるいは車に積んでいたら、それで警察に見つかったら、銃刀法に触れるんです。

6cm以下のナイフでも、それが付いた10徳ナイフでも、購入したリープでも軽犯罪法には引っかかるんです。

なんとまあややこしい……

 

まあね、警察の点数稼ぎで軽犯罪となっても仕方ねえやのスタンスで持つしかないです。

さすがに普段は持ち歩かないけど。

あとは海外だと、ナイフが付いていない10徳は飛行機への持ち込みが大丈夫みたいなんで、そこら辺を考慮して製作されたんですかね。

 

○リープ、どうなの?

お値段8千円弱。レザーマンの中では下位アイテムです。

お手頃価格で、10徳が欲しい人にはいいのでは?


ナイフ以外のツール。

ハサミ:バネ付きでよく切れる。アウトドアライターの高橋庄太郎さんは缶詰の蓋も切ってました。

ドライバー類:可もなく不可もなく?

ノコギリ:使わないかも、個人的におまけ感。

ピンセット:外遊びは案外棘が刺さることがある。結構気に入ったツール。いままでは針で ほじくってましたイテテ


これで棘が刺さっても泣かないで済む。

 

プライヤー:値段の割にはいいんじゃない?

ネットの書き込み見ると、自称アウトドアマスターの方たちが、やれプライヤーの精度悪いだの、やれこんなんじゃ役に立たないなどと(笑)

あのさあ、8千円しない10徳だよ?だいたいスペックにウルサイやつらって、実際に使わないでしょ。

持ってるかどうかも怪しい。

そんなら自分で買って、ダメでもともと。失敗しても勉強代と思って購入した次第です。

 

そしたら、プライヤーの先端、なんだよー、精度良いじゃんか。

ピタッと閉じるし、紙もスルッと抜けない。


先端はピッタリ閉じる。

 


紙、つかめます。

 

材質。グリップ以外はステンレスです。

グリップ部は、HPによると「ガラス繊維樹脂エルゴグリップハンドル」だそうで、要は強化プラスチック?

やはり少し柔い感じはしますが、特に問題ないような。プライヤー時に思いっきり力加えると壊れそうですが、そんなシチュはないだろう。

強化プラなので、他商品よりやや軽いみたいです。


ちょっとオモチャっぽくて好き。

 

というわけで、ちょっと触ってみた感想でした。

これから山に、キャンプにカヤックに連れ出して使ってみたいと思います。

そしたらまた違う10徳に興味出てくるんだろうなああ。ああ、道具沼だ……

Leave a Reply