ジビエ料理って?

posted in: その他 | 0


バフの仲間内でゴールデンカムイと言う漫画が流行ってます。
漫画の中でアイヌの人達が鹿肉などを食べており、どんなものかと気になって、
ジビエ料理(狩猟で得た天然の野生鳥獣)を食べに行ってきました。
野生鳥獣は、どれを食べてもさほど変わらず、お酒の量に伴いエスカレートするのでありました。

話題の人気店にて17時開店に合わせて一番乗りです。
メニューを見ると、お目当ての鹿の以外にも、ラクダやダチョウ、カンガルーもあるではないか。仕入先はどこなんだろう?
とりあえず、「馬鹿メー刺し(馬・鹿・羊)」にて始まりました。
鹿・羊共に馬よりあっさりしており、意外と普通。
本日のおすすめメニューは、けっこうハードル高いんです。
昆虫などもあり、食べ物??と思うようなものまで…
「ラクダのとんぺい焼き」これも普通に美味しい。
他にワニやらダチョウも注文しましたが、案外どれもイケてしまい、お酒の量も進むのでした。
酔いも回ってきて、少々ハードルを上げてみよう!
「蛙の丸ごと姿照り焼き」これも焼き鳥のような味わいでイケるのです。
せっかくなので、生涯二度と食べないようなもの。
「具足虫の姿揚げ」予想以上に存在感を放っており、ハードルを上げ過ぎたと言うか、飲み過ぎてしまったような^^;
足を毟って食べると、小エビの足と変わりません。
甲羅を食べましたが、固いし口の中の残ります。美味しいはずがありません…
最後の締めは本日おすすめの一押し「蝉の親子串揚げ」
お腹の弱い自分には、食する勇気はございませんでした。
後輩達はペロリと平らげてしまった。
蝉を食べれる事が分かって、飢え死にしないと満足気。恐るべし…
ジビエ料理と言うか、珍味料理も合わせたお店です。
もう二度と行くことはないと思いますが、根性試しやネタに如何でしょうか。
チ〇コ祭りや、昆虫祭りなるイベントもやってるようです。

獣肉酒家 米とサーカス(高田馬場)
http://miyashitakikaku.com/store/komecircus/


その後、二次会で普通の牡蠣料理の居酒屋へ行きましたが、
美味しい・早い・安い、いつも以上に美味かったように思います。

Leave a Reply