漢たちの叫宴

posted in: キャンプ | 0

えー、どうも。

ライザップのCMを見ると、反抗心から高カロリーの物や、炭水化物を食べたくなる沼口です。

あんな食事制限して運動すりゃ痩せるだろう・・・といつも思います。

最近じゃあ、この食べ物はよくないだの、スーパーフードだのと世間はにぎやかですけどね。

 

食べたいもの食べればいいんじゃあねえの?

 

週末はキャンプに行ってきました。いつもなら1人で行くんですが、今回は他2名。

以前勤めていた会社の先輩たちです。去年もキャンプやりまして、今年も行ってきました。

カロリー高いものを酒と一緒に摂取してきましたよ。

それではキャンプレポです。

 

○いざキャンプへ

朝7時、男たち3人はキャンプに向けて出発するのであった。

連日の暑さを考慮して、選んだのは日光。我がホーム、日光湯元キャンプ場だ。

標高は1500m近く、メチャクチャ涼しいです。真夏でも汗だくになりません。

日光でキャンプと言ったら、菖蒲ヶ浜キャンプ場でしょうね。確かに、中禅寺湖沿いの湖畔に張れるのはイイロケーションだ。

こんなところでキャンプすれば、気になるあの子とは急接近、仲間の輪は より一層深まるし、病気も治るし、宝くじにも当たるだろう。

だが、断る

 

生意気にもチェックインアウト時間があるのがいけ好かない。しかもチェックイン時間って厳密に決まっていないしなあ。

料金も大人1人1000円、タープは追加で1500円。なんだよ追加って。

あとは、この素晴らしいキャンプ場を求めて、張り切ってくる輩が夜うるさい。もう、凄くうるさい。

 

1人の時は、余程のことが無ければ行かないのである。逆にグループの時はイイかもなあ。あとはカヤックキャンプの時。なんだかんだ言いながら今月末、行ってきますけど。

そんなこんなで毎度行く日光湯元キャンプ場。ここ4年で10回は超えるほど行きました。トイレが少し遠いし、至る所に鹿のうんこ様が落ちてるけど、他は最高。

キャンパーは基本静かだし、マナーはイイ感じです。知る人ぞ知る、って感じで気に入っている。すぐ隣のホテルで日帰り入浴できるし。

 

そんなこんなで近況報告やら、男同士でしか話せないゲスイ話をしつつ到着。

〇まずは寝床作る

これが重要項目。酔っぱらってテントなんか立てたくないでしょう。俺なんてエアマットも膨らませて、いつでも寝られるようにしてしまいます。

numa_kyamp16.07.09_11

今回のテントは、先日軽く触れたニンジャタープ。小虫が気になるかもと、別テントのインナーメッシュを強引に取り付け。

これでいいや、なんて思ってたけど、しばらく降った雨による泥の跳ね返りで、メッシュは汚れる・・・

さらに夜は風が吹いてきたので、山用テントを急きょ設営したのであった(笑)

 

 

○つまみ作って飲む

毎度1人キャンプでは、新しいメニュー考案や試作に励んでいます。

失敗した物は数知れず・・・

今回はそんなことが無いように、鉄板メニューでおもてなしです。

 

・タンドリーチキン

あー、なんかスパイシーなチキンねー。と思いました?正解です。

numa_kyamp16.07.09_05作り方は簡単で、ジップロックに鶏もも肉とヨーグルト、塩、スパイスを投入して、優しく揉み込みます。

先輩たちにおっぱ鶏肉を揉んでもらい、喜んでもらおうと思ったけど、なんか虚しくなりそうでやめた。

 

スパイスは、ガラムマサラ、ドライジンジャー、ターメリック、コリアンダー、クミン・・・

とかそこら辺を、小さじ1杯くらい。

numa_kyamp16.07.09_04少し漬けこんだものを、そのままフライパンに投入。隠し味にニンニクも入れた。

じうじう焼きます。

 

numa_kyamp16.07.09_13はい完成。

今回は辛過ぎずに、いいお味となりました。

 

 

・砂肝キノコのガーリック炒め

なんか無性に砂肝が食べたくなり、作った。

numa_kyamp16.07.09_10ニンニクを焦がさないように、弱火で炒めるつもりが、焦がす。

酒飲みながらの調理は、常に危険が付きまとうんだぜ。

このことから、見習い料理人は禁酒令が出されるそうです。嘘です。

低臭ニンニクとかあるけど、男は黙ってがっつりノーマルニンニクです。低臭なんて不抜け、いらんわ!

 

 

・あさりのビール蒸し

numa_kyamp16.07.09_09あさりの蒸し物。最近、高速砂抜き法を知り、それ以来気に入っているつまみ。

スーパーで売られているあさり、砂抜きされてはいるけれど、なんかいまいち抜けきっていない。

あの、じゃりっというサウンドは、黒板に爪を立てた時ほど俺を不快にさせやがるぜっ

砂抜きですが、大体は夜にやって、翌日調理するのが一般的かなと思います。

ちなみに、夏場の夜に砂抜きをしたまま忘れ、翌夕方に気づいたことがあります。当然腐ってました・・・

ザリガニの臭いがしました。食べるのは20分悩んであきらめました。

 

そんな悲しい思い出にサヨナラグッバイです。50度のぬるま湯で砂抜きさせると、10分程度でOKだそうです。

だまされたと思って、やってみてください。マジで砂吐きます。

「えー、でも50度のお湯って言われても、温度計がないとなあ。」と思った、あさり大使さん、朗報です。

 

沸騰したお湯に同量の水を加えると約50度になる!!!!!

 

これを知ったとき、なんかこう凄いこと教えてもらちゃった、と嬉しくなったのを覚えてます。

しかも、この砂抜き法だとアサリがフワッとプリッとなるらしい。

※50度のお湯に浸かっても、肌は若返りません。プリっとなりません

 

 

・ローストビーフ

numa_kyamp16.07.09_12牛のブロック肉の表面を、焦げ目がつかない程度に全面焼く。アルミでくるんでジップロックに。

温かいまま、寝袋にでも入れて予熱。2時間ほどしたら切る。冷やすと薄く切りやすいらしい。

ソースは肉を焼いた油に赤ワイン、ケチャップ、塩コショウで味付け。けっこう濃い目で良い。

厚く切って喰らうのも好きだ。

 

 

・パリパリ春巻きチーズ

これ、簡単なのにうまいっす。

numa_kyamp16.07.09_06

numa_kyamp16.07.09_08春巻きの皮を半分程度に切って、切れてるチーズも程よい大きさに。

 

numa_kyamp16.07.09_07巻き巻きして、油引いて焼く。

油は皮が吸ってしまう。これ、油多めで揚げ焼きにしたほうが、さらにうまいかもなあ・・・

よし、月末やってみよう。

中身変えたりしてもうまいかも。肉とか野菜とかなあ。

・・・それって春巻きだな。

 

 

○星空

夜は風が吹いてきたけれど、雲がなくなり一面の星空。

先輩たちは感激してました。

numa_kyamp16.07.09_03あんまり撮ったことが無い、星空。3脚無しの酔っ払いだと、やはりブレブレ(笑)

3脚買おうかなあ・・・

 

 

○夜は長く

夜は鍋にした。餃子やら肉やら、でっかい海老、豆腐、白菜・・・

醤油ベースのタレで、〆にラーメンのはずが、タレが枯渇・・・おいおい、石油より先に鍋のタレが無くなっちまった・・・

まあ腹いっぱいだから、翌朝、焼きラーメンでも食べようと。

先輩たちは、やたらとハイテンションなので、楽しく過ごせた。糞ブラック企業時代も、この人たちがいてこそ、頑張れた気がする。

かくして漢たちの夜は更けていくのであった。

 

 

○夜の強風

夜になってくると風が強くなり、仕方なく山用テントを張った。

夜中、風はテントを凹ませるほど強くなった。これほどのストロングウインド(強風)、僕の張りっぱなしニンジャタープは無事か?

と心配になり見てみると、耐えてた。すげー。朝は倒壊してたけど。

numa_kyamp16.07.09_01

numa_kyamp16.07.09_02

次回は、こんな感じで張ってみようと思う。でも菖蒲ヶ浜にこれで寝るのは、ちょっと勇気いるなあ(笑)。

Leave a Reply