桃ちゃんのクライミング日記

posted in: 山登り | 0

momo_top
GW
明け、2週にわたって岩場でリードクライミングをしてきた。

1週目は甲府幕岩、2週目は河又でそれぞれ日帰り。

 

1週目
甲府幕岩は、須玉で高速を降りて1時間ほど山道を走った先にある。広葉樹の生い茂った明るいエリアで、木の実などが多いのか、鹿の鳴く声が聞こえたり、テンらしき動物が走ったりするのを見かけた。
momo_clim001

一緒に行ったメンバーは今シーズン初の甲府幕岩、私は初めてのエリアということもあり、その日は岩場に慣れることと、完登10本を目標とした。

 momo_clim002

最初にウォーミングアップで、ナベちゃん(5.8)とイエローマウンテン(5.9)を登った。
グレードの割に手のかかりが良いホールドが少なく感じられて怖かったがマイペースに登ってフラッシュ。
次に、ペンタゴン(5.9)をマスターオンサイト。こちらはジムっぽいルートで登りやすい。

 

その後は、他のメンバーから勧めてもらったルートへ。

メイプルの涙、森の唄、Wild Wood、あともう一つ触ったかな。

直近の目標を5.10cのレッドポイントとしているので、Wild Wood5.10c)を3便ほど出したが、核心部分のムーブを固められずR.Pできなかった。
核心部分で、他の人が使っていたホールドを探してしまって自分の優柔不断さが出てしまった。

 

完登10本というか、10便ほど出して帰路についた。

 


 

2週目
GWに膝を痛めた後もクライミングをするのでなかなか治らない膝を抱えて河又へ。
momo_clim003

河又は、首都圏からのアクセスが良く、ルートも豊富で人気がある。岩は石灰岩で、鍾乳洞やコルネ(鍾乳石)が特徴的。摩耗(?)しやすい岩質のためか、足が滑りやすい。膝の負担を考えて、エンジョイ・クライミングにした。

 

これまで何度か来ているエリアなので、いつものアップルートでアップを済ませ、いきのいい奴(5.10a)を2便だした。核心の手前のクリップを核心と勘違いして余裕がなくなりテンション。メンタルが弱くて何とも情けない。

 

その後、お昼休憩をとってから、今回も5.10cのルートに取りつく。

今までやったことのない大将(5.10c)を触ることにした。トポやネットの情報では、リーチが無いと核心部分が辛いらしい。

核心部分の持ちかえができず、自分のリーチでは体が岩壁からはがされてしまいそうになる。2~3回試してみて、腫れている膝にも痛みを感じたので、核心のトラバース部分は省略して終了点まで登り、迷いなくクイックドローを回収して降りてきた。何とも自分に甘い気がしたが、ケガを悪化させてはいけないので良しとした。

 

大将をトップアウトして、すっかりその日の目的を果たした気分になり、あとはほぼレストの時間。
トップロープで他のルートを触ったり、登りを眺めたり、のんびり過ごして帰路についた。

 

早く膝を直して、思いっきり登りたい!


渡辺桃子

Leave a Reply