かぐらでお手軽バックカントリー

posted in: スキー, バックカントリー | 0

4月4日、野邊・沼口の二人でバックカントリーに行ってきました。

場所はかぐらエリア。

かぐらスキー場、第5ロマンスリフトに乗り、そこからスタートします。

numa_kag16

スタート地点は物々しい雰囲気。バックカントリーの事故が発生するための対策です。

ビーコンのチェックと登山届を提出します。かぐらエリアは野邊君が何度か来たことがるというので、ルートはお任せしました。

 

numa_kag6

奥に見える雁ヶ峰が今回のハイクアップゴール地点です。

近いし、天気も良く、気温も程よいのでピクニック気分で進みました。

 

numa_kag5

途中で程よい斜面があったので、急遽ドロップインしてみました。

再びルートに登り返す前に昼飯。

ビールを雪で冷やして、飯食って最高でした。

ゆったりくつろげるようにテントのフットプリントを持って行って良かった。

風があったから風防を取り出したら、野邊ガイドに驚かれました。風防くらい持って来なきゃ!

ビールで気持ち良くなってきて、このまま帰っちゃダメ?と聞いたら野邊ガイドに怒られました・・・

 

numa_kag7

雁ヶ峰 直下です。

ここからシール?ツボ足?

最後までシールは無理そうなので、ツボ足で行くことに。

登りになると先頭を譲る、賢いガイドと共に進みます。

 

numa_kag9

到着いたしました。

 

numa_kag10 numa_kag11

汗が程よく冷えて気持ち良かったです。

さあ、滑りましょ。

写真左側、平らに見える黒岩ノ平に向かいます。

 

numa_kag8

カメラ持って待機してると、登ってくる人が。あともう少し、ガンバ!

 

numa_kag12

野邊ガイド、颯爽と滑ります。滑っている人、背景を考えて写真を撮る余裕と知識はまだございません・・・

 

numa_kag13

黒岩ノ平です。ここは奥に向かって、すこーし下っているので思ったより快適だった。ここで雪上キャンプしたい気持ちを抑えて進みます。

ちなみに再来週末は、ボスにキャンプしてもいいと許しをもらったから楽しみです。

 

黒岩ノ平から峰の平へ。

numa_kag14

中央に二つピークがあり、左側が雁ヶ峰です。

あんな遠くから来たのか、と感慨深くなりますね。スキーの移動力恐るべしです。

 

numa_kag2 numa_kag1 numa_kag3 numa_kag4

かぐらスキー場に合流するまえの斜面。

日陰で斜度がそこそこあり、この日一番の気持ち良さでした。

 

いい天気の中、ちょっとだけ登ってハイキング気分のバックカントリーもいいもんですね。

Leave a Reply