秘湯 赤湯温泉・天上の湿原を求めて

posted in: 山登り | 0

numa_naeba08せっかくの連休ですが、あいにくの空模様。

遊び疲れた体を休めるいい機会かもしれないという事で、久しぶりにインドア週末です。

ついでに先日の山行のレポでも。

 

10月25・26日にBUHHの若手3名が1泊で苗場山へと行ってきました。

メンバーは、わたくし沼口・横木、そして新入会員の野邊の3名です。

苗場山のふもとには山口館という山小屋が管理する、赤湯温泉という秘湯があります。

ここの温泉、登山道を片道2~3時間も歩かなければ入ることができません。

まさに秘湯という名がふさわしい。

そして苗場山頂には湿原があります。

 

ここには2か月前ほどに訪れ、気に入ったスポットなので2人を誘いました。

 

今回の目的

・野邊君が野湯に入りたい

・テント泊での宴会

・できたら苗場山の山頂の湿原を見せてあげたい

・2人の体力を知り、来シーズンの山計画の目安にする

とまあ書きましたが、結局は酒飲んで温泉入りたいというのが本音です(笑)

 

今回のコースは苗場スキー場近くの林道から山口館をめざし、テントを張り荷物をデポ。

そのあと昌次新道を経て苗場山頂へと行き、再び引き返して山口館までというルート。

コースタイムは約11時間。

長丁場なので最悪頂上はあきらめるしかないなあ、と思いつつも出発。

日暮れを考え、出発時刻は午前4時。ヘッドライトを付けてのスタート。

一度歩いたルートなので問題なく山口館へ。

 

ここでテントを設営。

numa_naeba02

手前から野邊邸、横木邸、沼口邸です。野邊君のテントは今回初設営でした。

写真は2日目朝なのでゴミが沢山です・・・

 

ビールを沢で冷やしておいて、宴会に備えます。

さてここからは、かるーいザックで山頂へ。

二人には頑張って着いてきてもらいました。

 

そして午前4時に出発してから6時間強・・・時刻は10時半。

numa_naeba07

やっと湿原にたどり着きました。

雲1つない快晴、この景色は最高のご褒美です。

 

numa_naeba05

記念写真。みんなよく頑張った、あとはほぼ下りだ!そして温泉だ!!ビールだ!!!

 

の前に、湿原を堪能&昼飯

numa_naeba04

 

ここの湿原でアレを発見しました。

numa_naeba13

氷だ!!不純物満点の氷を美味しそうに食べる図。

 

そして山を下り、再び山口館へ。

時刻は午後3時。休憩とテント設営含めて11時間。

様子を見ながら進んだ割にはいいペースでした。

 

まずは沢水で冷やしたキンキンのビールで乾杯。

酔いも回ってきて温泉に入るのが面倒になる前に・・・

 

ご褒美の!赤湯温泉!!

numa_naeba12

紅葉と目の前の沢が素敵でした。

外気温が低く、いつまでも温かい温泉に浸かっていたいと思わせる。

 

numa_naeba10

これは夏に行ったときです。

何とも趣のある、いい湯です。来年も行ってこないと・・・

 

翌日は2時間の行程で車へ。

なので朝はゆっくり温泉に浸かり、遅めのスタート。

紅葉がとてもすごかったです。

numa_naeba11 numa_naeba09

ここらへんは初日、明け方前に歩いたので、ここまで紅葉が素晴らしいとは思ってもいませんでした。

 

numa_naeba06

というわけで苗場山レポでした。

2人とも、お疲れ様!

Leave a Reply