5月度合宿(16/05/03~05) 活動報告

posted in: 山登り | 0

5月、GWの合宿から早1か月。早いものです。

ではさっそく活動報告を。

 

〇行先は涸沢カール

GWの行先は涸沢カールに決定しました。

涸沢小屋に2泊3日、風呂無し合宿です。

今回は歩きました、上高地から横尾経由で涸沢へ。夏道のコースタイムで6時間です。

前日に上高地入りし、徳沢で合流するメンバーもいました。うらやましい!

 

〇05/03(火)

北関東メンバーは2日夜に出発し、深夜12時頃に沢渡バスターミナルに到着。GWだし駐車場はいっぱいだろうなと思うも、

予想外に少なかったです。

穂高含め北アの事故が多発したためでしょうか?

仮眠して4時起床。他メンバーと合流し、バスで上高地へ。

numa_GWho01河童橋にて記念撮影。

お、なんか変なのがいますね?

 

〇今回の

毎度毎度、GWのコスプレを考えるのは楽しみでもあり、難しいところです。

暑くないか?ちゃんと滑れるか?引っかかり等で危険ではないか?おいしいか?etc・・・

今回も悩んでいたところ、涸沢カールを滑るんだからカールおじさんでいいんじゃねえ?とアドバイスがあり、即決。

numa_GWho82
スナック菓子、カールでおなじみですよね。

 

numa_GWho83
良いモデルがいたので、参考にさせてもらいました。顔は少しだけ負けているけど、完成度は近くなるはず!!?

ということで・・・

 

numa_GWho05
こんな感じになりました。いつもコスチュームに1万弱使っていたのですが、なんと今回は超リーズナブルです。

麦わら帽子・・・家にあったものを拝借

手ぬぐい・・・家にある色あせたものを拝借

ひげ・・・100均のボディーペイント

カール・・・4袋(チーズ味2袋、カレー味2袋)

1000円もかかっていません!!出来栄えは・・・まあ許してください。

それと今回は(有)沼口運送 が350mlの缶ビール1ケース、日本酒1升瓶を配送します。まあ、この調子込み男は途中で地獄を見るんだけど・・・

 

〇夏道を進む

numa_GWho03
上高地を6時半に出まして、一路 明神館へと向かいます。雪なんてどこにもない・・・

登山靴を履き、板とブーツはザックに。これだけで3キロくらいあります。カールおじさんは30キロ近くなりました。腰で背負っても、肩に食い込んで死にそうでした。

 

numa_GWho02
明神館で軽く休憩。林道歩きで、この先もほぼ平坦です。雪は相変わらず無い。

 

numa_GWho04
徳沢まで、あと少し。

 

numa_GWho81
8時過ぎ、徳沢に着。既に疲れているのが1人。テントが沢山あって、俺もここで1泊したかったです。

ここで前乗りメンバーと合流。

 

numa_GWho07

オシャレな徳沢園にて休憩。この先、まだまだ歩きます。

 

numa_GWho06

オシャレな小屋でコーシーを。

 

numa_GWho08

10時、横尾に着。鯉のぼりがお出迎え。さあ、ここから傾斜が出てきますよ。山岸さんとも話しましたが、この時期に歩いている人たち、みんないいペースなんですよ。

でっかいザックなのに、なかなか早い。そして、とっておきが、お手て繋いだラブ登山カップル

この2人が少し前を延々歩いてました。きっとこれが「愛の力」ってやつなんだろうなあ。沼口運送は愛の力もなく、林道歩きでバッテバテです。

愛ではなく、酒を運びます。そう、だって今日の僕は歩荷さんだからね!

 

numa_GWho09

スキーに付けたブーツ、登山道となるこの先、だんだん邪魔になってきます。

 

numa_GWho10

11時、本谷橋に到着。やっと雪が増えてきました。つい何日か前までは、シール登攀できたみたいです。雪解け早いなあ。

ここで休憩し、ブーツに履き替えツボ足で登ります。屏風をグルッと迂回します。

 

〇板を履く

numa_GWho11

やっとです。やーっとシールで登りはじめ。お荷物だった板に履き替えです。

お、ちょっとザック軽くなったな!と嬉しそうなメンバー達。(・・・どうしよう、俺のザックは変わらない気がする)

ここから涸沢小屋まで、もう一息!

 

numa_GWho12 numa_GWho13

numa_GWho80

しかし、小屋に近づくにつれ足が出ないカールのオヤジ。こんなに登りがきつかったの、久しぶりです。

今頑張らなくていつ頑張るの?とか、もうだめーだーとボソボソ後悔しながら進みます。

 

numa_GWho14

涸沢小屋、もう目の前というところで、いよいよ限界となりました。

ということでみんなに軽量化してもらいました。この軽量化 乾杯休憩、2回もしました(笑)

しかし、ザックが軽くなった感じはしない・・・肩がストライキを起こし、もう肩筋がおかしくなっていたのかも。

 

〇到着!

numa_GWho84

14時40分、到着!!8時間かけてたどり着きました。みなさん、お手数かけました。

 

numa_GWho17

眼前に広がる穂高連峰、大迫力でした。

 

numa_GWho16

涸沢ヒュッテのテン場。風で飛ばされるテントを少なくとも2つ見ました。

この後はもう少し登って滑る組と、くつろぎ組に分かれました。

 

numa_GWho18

泊り部屋、通称「滝の間」だそうです。左のカーテンの裏には貯水タンクみたいなやつがあって、岩肌が丸見えでした。雨が降ると岩を伝って水が流れてました(笑)

 

numa_GWho39 numa_GWho40

numa_GWho35

夕方、みんなで飲みながらトランプ。ビリは罰金のババ抜きをしました。闇のゲームにみんな目がマジです

 

〇05/04(水)

2日目は予報通り、悪天候

朝から雨でした。天候回復もあり得るので、部屋でダラダラ過ごしていると、10時ごろになんと晴れ間が!

numa_GWho19

いーい天気です。

 

numa_GWho21

パシャり決め込んで、登ってきました。

numa_GWho28

写真上部中央のコルまで登る。

 

numa_GWho29

numa_GWho22

涸沢カールの「K」。

 

numa_GWho23 numa_GWho24 numa_GWho25 numa_GWho26 numa_GWho27

 

 

numa_GWho30

斜度がきついので、キックターンを何度か繰り返し、強風のコルに到着。麦わら帽子のひもが切れました!残念ながら麦わら滑走はあきらめました。

しょっぱな急斜面で転び、ヘルメットでよかったと一安心・・・

 

numa_GWho31 numa_GWho32

立ち上がると風にあおられるほど、強風でした。

 

numa_GWho33 numa_GWho34

たまにトライする、横に並んでの滑走。息が合ったことは一度もありません・・・

 

〇滑走写真

・山岸さん

numa_GWho46 numa_GWho49 numa_GWho47 numa_GWho48

 

・他メンバー滑走

numa_GWho50 numa_GWho59 numa_GWho65 numa_GWho63 numa_GWho56 numa_GWho75 numa_GWho72 numa_GWho79 numa_GWho69 numa_GWho61 numa_GWho54 numa_GWho51 numa_GWho52 numa_GWho60 numa_GWho67 numa_GWho76 numa_GWho66 numa_GWho58 numa_GWho73 numa_GWho55 numa_GWho74 numa_GWho77 numa_GWho70 numa_GWho71 numa_GWho53 numa_GWho57

 

numa_GWho78

カールおじさん?いや、泥棒ひげおじさんはコケまくるし、肩は痛いし疲れは抜けないし。早くもおうちに帰りたくなっていました(笑)

 

numa_GWho68 numa_GWho64

タフな二人は、この後も登って滑る。

この日は夕方から、やけに冷えてきたなあと思ったら、雪が降ってきました

 

〇05/05(木)

numa_GWho37

雪が無かったテラス、少し積もってます。

numa_GWho38

4人だけ登り滑る、あとは小屋で待機。この日は下山日なので、涸沢ヒュッテにて待ち合わせ。

 

numa_GWho42

本谷橋近くでは石を踏みながら滑り、再び登山靴に・・・また夏道を歩きます。

 

numa_GWho41

猿がいました。毛並みフサフサ。

 

numa_GWho43

再びの明神館。ここで食べたアイスはウマかったなあ。

 

numa_GWho44

最後にみんなで河童橋撮影。行きの朝は人が少なかったけど、帰りの5日は15時ころ。上高地は人が沢山で、カールおじさんは少し恥ずかしかったです。

 

今回は小さなケガなく無事に終わることができました。皆さん来シーズンも楽しくスキーしましょう!


以上、沼口より報告

Leave a Reply