2月度合宿(16/02/06~07) 活動報告

posted in: スキー, バックカントリー | 0

正月合宿を終えてからというもの、昨シーズンと同様に毎週末スキーでございます。

週末の練習に向けて平日はワクワクし、いざ滑ってはモヤモヤする思いの繰り返しでございます。

上岡さん曰く、「スキーなんて一生そんなもんだぞ」とのこと・・・マジでございますか・・・

そんな日々ですがバックカントリーは、そんなモヤモヤを吹っ飛ばし、スキーってメチャクチャ面白いと再確認させてくれる、まさにプレゼントです。

今回の合宿でもBCに行き、最高のパウダーを満喫してきました。

6日のポールトレーニングと合わせて、活動報告していきたいと思います。

numa_2016.feb.002

 

・2/6 岩岳スキー場、4線にてポールトレーニング

SL(小回り)セットで練習

合宿前週(1/31)で初めて使った、当たっても痛くないブラシを投入。わざわざ購入してくれた上岡さん、ありがとうございます

numa_2016.feb.050

ちなみにブラシの正しい運搬方法は、こんな感じです。

なんか世紀末な、北斗の拳を彷彿とさせるな・・・

 

numa_2016.feb.052

ガスの中、セット。

 

numa_2016.feb.051

ガス晴れても、空はドヨン。

 

・2/7 ガラガラ沢BC

正月は強風や天候不良などにより、中止となったBC。

年明けからお預けを食らってしまい、早くパウダーに突っ込みたかった。

白馬のBCといえば、やっぱり八方近辺。登った以上に滑り降りることができるルートがあるし、

ハイクアップ嫌いなBUFFメンバーも大喜びなフィールドです(俺は登るの好きなんだけどなあ・・・)

numa_2016.feb.001

八方尾根スキー場の最上部よりハイクアップスタート。自販機は冬眠中、春はまだまだ来なくていいんだよ。

 

numa_2016.feb.003

スキー場中部ほどはガスっていたので心配だったけど、標高上げるにつれて青空が出てくるんです。

 

numa_2016.feb.004

モクモクな雲、心はパウダーに向けて空と同じくワクワク日本晴れだ。

 

numa_2016.feb.005

八方ケルンでこのポーズ。

 

numa_2016.feb.009

いい天気に、みんな思わず笑顔

 

numa_2016.feb.010

numa_2016.feb.012

なんとこの日は、八方池までのわずか一時間で登り終わり

ただ短い分?ペースはいつもより、やや早し。

 

御褒美の時間

さあ、いよいよお楽しみの時間です。

写真を撮るためにファーストドロップインいただいちゃいました。

numa_2016.feb.013

たぶんこの時、板の浮きっぷりにニヤニヤしていたに違いない

山岸さんが言うには、八方でこんなパウダーは滅多にお目にかかれない、とのこと。

正月我慢した甲斐があるってもんです。

 

numa_2016.feb.056 numa_2016.feb.027 numa_2016.feb.023 numa_2016.feb.025 numa_2016.feb.043

numa_2016.feb.024

numa_2016.feb.028

numa_2016.feb.044

山岸さんスプレーあげまくりで気持ちよさそうでした。

 

かるーい雪のお陰で、他のみんなもスプレータイムです。

numa_2016.feb.040 numa_2016.feb.037 numa_2016.feb.060 numa_2016.feb.059 numa_2016.feb.055 numa_2016.feb.054 numa_2016.feb.48 numa_2016.feb.049 numa_2016.feb.050a numa_2016.feb.051a numa_2016.feb.052a numa_2016.feb.053 numa_2016.feb.042 numa_2016.feb.041 numa_2016.feb.039 numa_2016.feb.038  numa_2016.feb.015 numa_2016.feb.016 numa_2016.feb.017 numa_2016.feb.018 numa_2016.feb.019 numa_2016.feb.020 numa_2016.feb.021 numa_2016.feb.022  numa_2016.feb.045

 

numa_2016.feb.026

滑ったシュプールを見ながら昼食。この後、登り返して写真右のノートラックを楽しみました。

 

雪男発見!?

昼を食べ、気持ちよさそうな斜面を登り返し、小ピークに出たところでなんと・・・

numa_2016.feb.057

雪の中から人が!こっちを見て驚いていました!!!

 

はい、山岸さんです。雪の下にある空洞部分にストックが埋もれたので、救出してくれた直後でした。

numa_2016.feb.058

見つけちゃイヤーンと言わんばかりのナイスなリアクションでした。

地底人や雪男は、人間に見つかった時にきっと、こんな顔をするんでしょうね。

ちなみに雪と山の斜面にできたこの空洞部分は、暖かかったみたいです。

 

numa_2016.feb.047

最後は恒例の沢渡り。

うまい具合に岩に乗り、濡れることなく渡れました。

林道も雪があり、歩く必要がなく助かった。

今回のBC、当たりも当たり、超大当たりとなりました。

3月も期待したいですね。

 

以上、沼口より報告

 

 

Leave a Reply